鍛治工・配管工・鳶など各種現場系工事全般

千力屋

 045-642-3396

テスト

お気軽にお問合せ下さいませ。

鳶工 -足場組み立て-

は高所作業を伴う足場の組み立てや解体を行ない、主に建築現場の基礎的な部分を担います。

特に高い所での作業や重い物を動かす作業には、特殊な技能が必要とされます。
こうした特殊な技能を用いて、木造建築の軸組み、鉄骨の骨組みなどの建造物の基礎的部分の作業を行います。

名前の由来は、江戸時代「鳶口(樫の棒の先に鳶のくちばしに似た鉄製の鉤を付けた道具)」を使って高い建造物の建築作業に従事していた職人を「鳶の者」と呼び、また梁から梁へ文字通り飛んだので、そこから現在の鳶職という言葉が生まれたようです。

鳶職は仕事柄、高い所でのバランス感覚や集中力が優れていた人が多いので、江戸時代には鳶職が「火消し」を兼ねていました。現在でも、地域の消防活動をされている人には鳶職が多いようです。

代表者から一言

no image

この度は当サイトをご覧頂き、誠に有難うございます。 千力屋でございます。 当社は、東京・神奈川近郊のオフィスビルやプラント施設を中心に配管工事や鍛治工事等を主に行っている会社です。 そんな私が設立当初 ...

投稿日:

Copyright© 千力屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.